人間関係を良くする方法

人間関係が悪くなる原因が色々ありますが、その大半を占めているのが
相手への理解なのです。

夫婦喧嘩や親子の喧嘩
友達と不仲
彼氏彼女との喧嘩
など経験ありませんか?
どっちかが、イライラしたり、腹立ったり、ムカついたりすると喧嘩が勃発します。

上司は部下へ、あいつは何も仕事ができない。言った事もやらない。使えない!
母親は息子へ、うちの子供全然勉強しない。遊んでばっかり。
彼女は彼氏へ「、いつもライン返さない!いつも友達優先!

こんな風にささいな事で喧嘩になった事ありませんか?
「何で私の言っていることわかってくれないの?」というのが喧嘩になる原因です。



人間関係を良くするためには、
「自分の事を理解されたいなら相手を理解する」というのが鉄則です。
親友が一人でもいる人ならわかると思いますが、親友っていうのはあなたのよき理解者では
ありませんか?
聞き上手な人はよく友達が多いと言われていますが、まさにその通りなのです。
自分の意見を伝える前に、相手の意見を聞くほうが優先です。相手の意見を聞く事によって相手の本来の人間性がわかり関係が良くなる事は確かです。

さきほどの上司の例をあげます。
いつものバージョン
部下は仕事が遅い。言った事もやらない。使えない!
だから「お前ダメなんだよ」と部下に伝え、その後も空気が悪くなります。

部下を理解をしようとしてるバージョン
上司「いつも仕事が遅く感じるんだけどなんか遅い理由あるの?」
部下「私も遅いと思っています。だから先輩には迷惑かけられないと思って
昨日も朝方まで作業していました。迷惑かけてすいません」
上司「おー。そうか!仕事熱心だな!期待してるぞ!」

こんな風になるのです。
ただ聞き方もやさしく聞いてあげるのがコツです。
怖くて威圧感ある聞き方だったら、逆に萎縮して本音を
言ってくれません。

相手の意見を聞く事によって、こっちの予想と反してる事がよくあるのです。
すると「あ、そうなんだ」と今までのイライラが消えるのです。
意外と相手はしっかり考えてくれたりするのです。

こっちの理解や意見を言う前に、相手を先に理解する事を優先させよう!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です