今日学んだ引き寄せの法則

今日は、1時間本を読む時間をとりました。

本屋に行くと引き寄せの法則の本がたくさんあります。
その中で魅力を感じたのがこの本でした。

エイブラハム(人間?神?)とある夫婦の会話のやりとりのお話です。
本を読むとエイブラハムという人物がたくさん出てきます。
でも人物ではなさそうな気がします。。
一体誰なのかわかりません。もしかしたら神的な存在なのかな?
最後まで読んではないので何とも言えませんが。。



エイブラハムはジェリー・ヒックス夫婦に引き寄せの法則を教えていくという
ストーリーで本当にあったお話みたいです。
なので、この本はエイブラハムとジュリー・ヒックス夫婦と会話形式になっています。
今の段階で半分くらい読んでますが、その中で私自身が一番印象的だった所を
お伝えします。
エイブラハムがいうには、引き寄せるためには大事な事が2つ必要と言っています。
1.望む事
2.起こってほしい事
を常に考える事が大切みたいです。
望むというのは○○したい・○○を手に入れたい・○○がほしい
起こってほしいというのは、○○だったらいいな~、○○だったら幸せだな。
という感じです。
さらに、引き寄せは感情に反応すると書いていました。
つまり、望む事や起こってほしい事はただ思ってても効果がないのです。
ワクワクする事に寄って引き寄せられてくるのです。

「ワクワク」しているかしていないかが重要なのです。

例えば、
あの車がほしいと思ってても、値段が高いから私には無理!
と思ってしまったら、残念な気持ちになってしまいます。
そうなると、残念な気持ちが引き寄せられてくるのです。
今の状況は一切関係なく、その車を
手に入れてる自分を想像してワクワクさせる事が大事だとエイブラハムは
言っています。

なるほど。。
ワクワクは大事ですね☆
私自身もこれを取り入れて実践しようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です