ビットコインの運用をやってみた結果。

1年半前くらい前に、初めてビットコインの存在を知った。



「仮想通貨とはなんぞや?」

気になってビットコインの本も買い調べた。その本をみてさらに興味が沸いた。
情報その1
ビットコインというのは金と同じで埋蔵されている数が決まっているので値段がさがりにくい。むしろこれから上がっていく。
情報その2
あくまでも仮想通貨ですのでお金は存在しない。ネット上のお金のやりとりになる。
情報その3
日本政府でも通貨としても認められたので、これから仮想通貨が使われていく。
情報その4
仮想通貨同士だと手数料が数十円なので、ものすごく安い。どこの国に送金しても同じ金額なのでこれから需要が増えて便利になる。

こんな情報が満載の本でした。この本が安心材料なり、よし買ってみようと思いました。運用というよりも、「ビットコインを持ってる俺!いけてない?」というノリでした。

いざビットコイン購入

購入するためにはまず日本円をビットコインに換金しなければいけません。その換金してくれる会社がビットフライヤーという会社です。そこに登録し4ビットを購入しました。
当時購入した価格が1ビット85000円でした。
ビックリしませんか?
現在の価格、1ビット200万前後。
爆上がりです。

欲が出て運用に手を出す。

ビットコインを手に入れた直後、前の職場が一緒だった女性とご飯を食べる事になった。色々話をしていく中で、その女性が
「私ビットコインの運用してるんだよね。」と言ってきた。
俺がすぐさま反応する。
「マジ?俺も最近ビットコイン買ったよ~。」
「ちなみに運用ってどんな?」
女性
「一日に運用分の1%が毎日利益になるの」
つまり、当時の価格で1ビット85000円だとすれば
850円が毎日、入るという仕組みである。
さらにこの女性は
「私もあやしいと思ったんだけど、実際にネットで確認できるし本当に運用されてるの」
と私にスマホで画面を見せてくれた。
運用に興味を持つ俺。
「俺もやりたい!俺でもできるの?」
すると女性は
「できるよ~。そしたら私よりもっと詳しい人を紹介するよ。」
そして、数日後紹介された方と会う事になった。
紹介された男性は雰囲気があり、余裕ある感じの素敵な男性でした。聞くと俺より年下。仰天しました。
カフェでその男性とビットコインや運用について色々話をし、本当に嘘がない感じでした。
なので信用して私も運用を始めました。 




運用先はビットリージョン


運用を開始し、私が購入した4ビットをすべてをビットリージョンに投資しました。計算だと一日3500円が毎日入ってくる。一ヶ月で10万円になるという計算である。さらに福利運用といってその10万でビットコインを購入して運用にまわしていくと1年後に数百万が入るという事になる。それからというもの、毎日が楽しみである。そしてネットで確認すると、マジで運用されている。1%が毎日入ってきている。

1ヶ月後


ビットコインの価格が上昇し9万円台に突入!運用してから利益が10万円超えました。
そしてその10万で1ビットコインを購入し、計5ビットになりました。
その運用が続き、順調に
6ビットになり

7ビットになり
8ビットになり
9ビットになり
10ビットになり
11ビットになり
12ビットになり
13ビットになり
14ビットになり
15ビットになりました。
4ビットから15ビットまで増え大喜び!
ビットコインのさらに価格も15万を超え、やってよかった~という雄たけびをあげたいくらいでした。

 

甘い話は長くつづかない

2017年に入ってから、少しずつビットリージョンがおかしくなった。
1.ログインしてもたまにエラーになる。
2.お金の引き出しがうまく出来なくなってきている。
その紹介された人によると人が増え、サーバーダウンの原因とみられ今改善してるという事らしいが。。

そして最悪の事態がおきた。
2017年9月に入ると、ログイン所か502エラーにずっとなっている。それからというもの今現在も続いている。つまりビットリージョン自体、水と泡になった可能性がある。

運用の怖さを知った2017年でした。




最後に


私はこの事について、誰も恨んでいない。むしろ投資というのはすべて自己責任である、リスクは運用していく中でつきものであるしリスクを背負うものだけが成功できる人だと思っている。だから私自身、これからもどんどん投資をしていくし、リスクを背負っていくつもりです。
ただ、反省だけはしなきゃいけないと思っている。反省から得られたものは改善できる。経験値が高まります。投資や運用は自己責任にもかかわらず、ネットに文句や
書き込みする人の意味がわからない。甘い話に乗ったのはすべて自分自身である。いつまでたっても人のせいにしても、何も変わらない。

では

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です