おかしの法則

「おかしの法則」ってきいた事ありますか?

たぶん聞いた事ないんじゃないかなと思います。
なぜならば自分が作った造語だからです。
すいません。聞いといて。。

ではこの「おかしの法則」についてお話していきたいと思います。
ちなみにおかしは食べるおかしではありませんので ☆

「お」思う事

「か」書く事

「し」しゃべる事

これがおかしの法則です。
これには夢や目標を達成するためには絶大な効果があります。
必要性が感じなければ記憶には残らない様に自然となっています。
4日前の夕食は何を食べましたか?
1週間前のお風呂は何時ごろはいりました?
3日は何の夢をみました?




どうでしょう?すぐに答えた人はすばらしいです。
基本的になかなか思い出せないはずです
学校も授業もですよね。ほとんど記憶がないですよね。
人間の脳は自然に必要な事と不必要な事を見分ける事ができるのです。
なので不必要だと思ったら脳は記憶からなくしていくのです。

夢や目標も必要性が感じなければ勝手に脳から抹消します。
そこで、脳に「必要」という信号を送らなければなりません。

脳に、信号を送る方法は難しくありません。
それは、繰り返し脳に信号を送る事です。

私達は一回、人から聞いたからといってすべては覚えてはいません。
脳科学者の研究では人は同じ事を6回聞いて物事を覚えていくというデータも出ています。

アウトプットして繰りかえし伝える事で脳に必要性をアピールするのです。
脳に必要性を早く感じてもらうためにはおかしの法則は最適です。

思う事
書く事
しゃべる事

思って、書いて、しゃべる作業だけで、脳に3回も伝える事が出来るのです。
アウトプットの回数をいかに増やせるかが「鍵」です。
アウトプットの回数をふやすと、脳は最優先に「必要」な事と認識します
最優先と認識され場合、脳は体に「実行せよ」と支持を与えます。
行動に移ったら、脳に最優先と認識された証です。

行動に移したい人は、行動に移るまでおかしの法則を試してみてはいかがでしょうか?

 

先が見えないのではなく創り出すもの

5年後の自分って何をやっているかわかりますか?

20歳のときは、25歳にどんな事をして、どんなお仕事をしているか想像もつきませんでした。でも、東京にでて来ているので、根拠はありませんが人生よくなっていると少なからず思っていました。
でも現実は違いました。
ギャンブルでの膨大な借金をつくり家賃滞納、仕事はフリーター、やりたい事はなく、ただその借金を返すための生活。
良くなっている所かさらに悪化していました。
そして自分に自答。
「何しに東京にきたのか?」

「こんな生活がずっと続くのか?」

「こんなはずじゃなかった」

先が見えないと思うようになりました。
気晴らしに週末は友達の所に遊びにいく日々。
遊んでその日は楽しくても、また月曜日になると
不安と不満の生活の繰り返し。


20才~25才の時はただ何となく仕事をしていて、今の給料では遊ぶお金がないから
と言ってギャンブルに明け暮れていました。でも借金は膨れるばかり。。
いわばその日暮らし。未来の事なんか考える暇がなく、「何とかなるさ」と言い聞かせて
いました。
26歳になった時、ふと我に返り思いました。
「このままじゃだめだ」
漠然と生きてきて、その漠然の結果が今の状況を生み出していると。

成功してる人と自分の違いはなんだろうと考えるようになりました。
どんどん人生よくなっている人と人生悪くなっている俺の違いは何か?
色々ネットや本で調べた結果、ある結論に至りました。

成功してる人は未来が確定しているような振舞えや言い方をしている。
成功してる人は未来への情熱がすごい。
成功している人は自分が出来ると強く信じている。

一方の俺
先が見えないと嘆いている。
毎月の支払いにおびえている。
自分がダメな人間だと思っている。
未来なんて考えた事ない。

その差は歴然です。

それを知ってからは、未来は自分で創っていくもんだと思うようになり
初めて前を向くようになりました。
すぐには変わりませんが、毎日そう思うようになって少しずつ変わっていく自分に
日々驚いています。
先が見えるんじゃなく創っていくもんだと今はそう思うようになりました。
そう思うと、今はスマホやパソコンなど当たり前にありますが、何もなかった時代
これを創りたいとまずは想像した人から始まり、それを実際創って私達の手元にあります。
まさに未来を創っているのと同じ事です。
想像から始め現実にしていこう。

 

大掃除で成功

今日、朝起きてふと思いました。大掃除しよう!
掃除なら毎週少しやっていますが、今日は違います!
年末やるような大掃除です。
部屋、玄関、キッチン、窓拭き、押入れ、トイレ、ベット、お風呂など
5時間くらいかけてやりました。
大掃除やって、本当に良かったと思いました!その良かった理由を
お伝えします。



・ゴミが通常の10倍くらいでて、部屋が広くなった事
・買ったけど結局使わずに捨ててしまった事にあらためてお金の大切に気づけた事。
・捨てるものひとつひとつに「ありがとう」を伝えた事で身近に感謝がいっぱいある事に
気づけた事。
・無くしてたものや大事ものが見つかって本当に良かった事。
・最高な気分で部屋に入られる事。

掃除は昔から金運があがると言われています。嘘かどうかはわかりませんが、その意味が
わかったような気がします。
いや、上がると確信しました。
なぜなら、心が浄化されて実際に気分がよくなった事が自分自身感じたからです。
自分を高める事で収入は上がってきます。
今までは年末だけ大掃除をやってきましたが、これからは年末じゃなくても、頻繁に
やっていこうと思いました。
大成功してる人は身だしなみ、家、車はきれいなイメージがあります。お金を持っているからきれいではなく、きれいにしているからお金が入ってくるのです。
あらためて掃除の大切がわかりました。
ではまた。

 

心を喜ばす事だけを考えよう。

最近私が学んで実行している事があります。
ある本で学んだ事ですが、外見的成功したいなら内面的成功しないといけないと
書いてありました。




それを聞いて間違いないと思いました。
これは果物も一緒です。
おいしい果物をつくろうと思ったら、良い土をあげ、肥料をまき、良い木を育てあげます。日光や水を自然の力で与えて、人間の力で栄養がバランスよくいくように先手を行います。農家さんはおいしい果物を作るため日々努力をしています。
私達がスーパーなのでおいしいと果物を普通に食べていますが、目で見えているのは表面上の「実」だけです。でもおいしい果物ほど、目では見えない農家さんの頑張りだったり、良い木だったりします。
「木が内面」だとすれば「実が外見」という形です。
人間力(内面力)をあげないかぎり成功はありえないのです。
ネガティブな人や人を批判する人は内面的失敗しているのです。
そう言った意味で私自身内面的成功をしようと強く思いました。
では内面的成功とはなにか?
人間の心にはマイナス感情とプラス感情があります。
簡単にいうと、プラス感情で心を満たしましょうという事が内面的成功です。

マイナス感情とは
憎しみ、不安、恨み、悲しみ、孤独感、憎悪、自己嫌悪、嫉妬、不機嫌、いらだち、
後悔、恐怖、悩み、殺意、焦り、絶望、ムカつくという感情もマイナス感情です。

プラス感情とは
喜び、安心、楽しい、幸福感、意欲、希望、勇気、感謝、リラックス、尊敬、達成感
満足です。

一日一日がマイナス感情とプラス感情の混ざり合いです。
日々の感情の混ざり合いを意識してプラス感情にし、内面的成功をしようと私自身、目指しています。最近はプラス感情だけに満たされているのが実感できています。

ではどんな事をやっているのか?いくつかご紹介します。

・朝職場に向かう途中、自分がゴールを達成してる事をイメージをし、幸福感を味わっています。
・感謝の気持ちを常に持つ事、「ありがとう」を口癖にしています。
・前向きな音楽を聞いている。
・嫌な事があってもすぐに、自分を落ち着かせリラックスする。
・寝る前に自分の将来のイメージ像を想像する。
・財布に目標をいれている。
・赤ちゃんや動物の動画をみて癒しや笑いを心に与えています。
・筋トレジョギングを週3回行っています。

これを実際にやっていると、自分が大きく成長しているのがわかってきます。
何より、夢が現実なりそうな予感がするのです。
自分がどんどんプラスになっていく事間違いありません。

とてもオススメです。

ただ継続しないと効果が出ないのでご了承を。

 

初心に戻る方法

初心に返る事が大切とよく言われませんか?
間違いなく大切だと思いますが、慣れてしまった以上、初心に戻る事も
出来なくなった人もいるはずです。簡単にいうとマンネリです。
何事も一番の敵はマンネリです。
そこで今日は初心に返る方法をお伝えしたいと思います。
その前に初心に返るメリットを知ってほしいと思います。

・気持ちがフレッシュだと、長続きする。
・楽しいと思える。
・結果が出やすくなる
・人間関係がよくなる
・体も元気になる
・成長につながる

こんないいメリットがあります。
これは結婚や交際してる時もそうですよね。
常に初心に返る事ができたらおのずと人生も良くなる事間違いなしです。
それでは初心に戻る方法です。
・感謝の気持ちです。
「ありがとう」という気持ちを持つ事が出来れば、今の状況が幸せだと感じる
事ができます。そうする事で初心に戻れるでしょう。




・当たり前を当たり前だと思わない。
例えば、実家にいる時はお母さんはご飯、洗濯、掃除すべてやってくれて
おまけに家賃が0円です。それどころか、お母さんとちょっとした事でけんかしたり
時には心無い事を言っちゃたりして。。
ご飯があり、洗濯、掃除してもらってくれているのが当たり前になってしまっているのです。
一人暮らししたら、すべて自分でしなくてはいけません。
今ある当たり前を当たり前と思ってはいけません。

・ゴールや方向性を明確にする。
迷路は入り口があって出口があるから楽しいのです。
出口がない迷路はどうでしょう。つまらないだけです。
ゴールの明確さは自分を活性化させます。
一度立ち止まって、何をしたいのか?これからどうしたいのか?
しっかり考えてみてはいかがでしょうか?

マンネリを防ぐ努力をしよう。

結果を出す絶対条件がある

結果に悩みを抱えてる人が多いと思います。
・テスト
・スポーツの大会
・個人種目
・ダイエット
・仕事
・ビジネス
・集客
など
逆に言えば結果が出ないからあきらめてしまいます。
むやみにやっても結果はでないのです。
出たとしても1回きりの結果だったります。
私自身、ダイエットとリバウンドをかれこれ4回繰り返しています。
10キロ痩せて10キロすぐに太って、また10キロ痩せてまた太って
これを4回繰り返しました。
5回目でリバウンドもなく成功する事ができました。
結果の法則を学んでいく事で、成功にも繋がりました。
長期的出すためには「必ず理由」があるという事を知りました。
今回は結果の法則をお伝えします。
どんなジャンルでも応用が利きますので参考になればと思います。
まずは結果の法則を知ろう。
・結果は行動からきています。
・行動は考え方からきています。
つまり、結果の根本は考え方を変える事から始めるのです。
いきなりですが
今の生活に満足していますか?
今の生活は誰がなんて言おうと自分が選んできた道の結果です。
太ってる時の私は食べる時間、食べる量、食べ物のカロリー
一切気にしていませんでした。いわば「無意識」です。
太ったというのは自分自身で選んだ結果なのです。




無意識という所が重要なポイントです。
人間は無意識で行動してる割合は90パーセントと言われています。
ほぼ無意識で動いているのです。
結果は無意識では出ないのです。なので結果を出すためには意識をし、考えを
変えなければ結果につながりません。

考え方をどう変えるのか?というところが問題ですよね。
・目標のハードルを下げる。
目標が高すぎると今の自分とギャップを感じ諦める原因にもなりますのでハードルさげる事が大切です。
例えば、勉強を1時間するという目標ではなく、机に座るという目標だけでいいのです。
勉強1時間と決めてしまうと、体が重くなり行動が出来なくなってしまうのです。
ハード下げる事は重要です。
がっつり短期でやりよりも、細く長期で行う事が大切という考え方です。

・自分を褒める。
何事も結果はすぐには出ないのが前提でお考えください。長い目で見る事が大事です。
「目に見える結果よりも目に見えない実力」が大切なのです。
実力というのは目には見えません。筋トレと考えください。激しい筋トレしてもその日は本当に筋肉ついてるかわかりません。けして目に見えません。
でもコツコツ続けていくと、中の筋肉が表に現れます。表についた時が結果なのです。
結果が出るまでコツコツの作業ですので、時には嫌になりやめようと思う事もただあります。
そんな時必要なのは自分を褒める事です。

・昨日より作業が少しでも進んだ事に褒めよう
・1週間も続けてやった事に褒めよう
・いつもと違う行動した事に褒めよう
というように、自分をとことん褒める事です。

時には思うように作業が進まない事もあります。
私も一日で終わる作業が、2週間くらいかかる場合も
あります。でもそれでも焦らずに細く長く続けていくと、絶対終わる事を信じよう。

・不安に勝つ
結果が出るまで不安はつきものです。不安とどう付き合うかが大切です。
不安に押し潰されて、あきらめた人は多いのではないでしょうか?
そこで私なりの不安の乗り越え方があります。
神様はわざと壁を与えて自分を試しているという考え方です。
結果を出すためには必ず大変な壁があります。
その壁が不安の元です。壁がなかったら不安はないのです。
ここであきらめたら、神様のおもわく通りです。
逆にこの壁を乗り越えたら大きな自信にもなり成長にも繋がります。
不安は神様が私を試すために与えていると信じています。

だから、不安は神様からのGIFTです。
不安が出るという事は自分を変えれるチャンスです☆
正しい考え方を持てば必ず結果出ます。
何より自分を信じよう。

 

 

 

 

優先順位の大切さ

「優先順位」はビジネス用語では知らない人はいないくらいよく使う言葉なので
知らない人は是非これを機に学んでおいた方がいいかもしれません。

日々のこなし作業には4つあります。

1.緊急で重要な事。
クレーム対応、災害、病気、原稿締め切り、宿題など、支払い

2.緊急だけど重要ではない。
突然の来客、イベントなど

3.重要だけど緊急ではない。
習い事、健康づくり、自己投資

4.重要でも緊急でもない。
誘われた遊び、上司との誘い飲み、暇な時間、ギャンブル

この中でもっとも大切なのは、もちろん「1番の緊急で重要な事」です。
これはしっかり対応しなくてはなりません。




でも人生において一番大切なのは、「3番目の重要だけど緊急ではない」事なのです。
緊急ではないので後回しにしがちです。

「忙しい」という口癖の方は、1番や4番に追われている方が多いのです。
忙しいのでやりきった感があり充実してる感じがしますが、あくまでも
目の前の事だけです。忙しい人はいつまでたっても忙しいままに日々を過ごしています。

人生をよくするためには、3番の自己投資にどれだけ時間を使うかが大切になってきます。
今やっている仕事が夢や目標の延長線であればそのままいいと思います。

今の仕事とは関係なく別にやりたい事がある人への質問です。
一週間のうちどのくらいの時間をやりたい方へ費やしてますか?

1時間

5時間

2日間

くらいですか?

はっきり言うと、今やっている仕事以上の時間を費やす必要があるのです。

時間はすべて、重要だけど緊急ではない事にあてるようにするのです。
目標や夢は一気に成し遂げる事はできません。
遊びながら夢を叶える事はできません。

だから同じ一日でも月の支払いを意識した(緊急で重要)人と
目標を意識した(重要だけど緊急ではない)一日では、全く違います。

時間に使い方=自分の人生

に反映されるのです。

時間の使い方のプロになろう。

考える事が出来るのは幸せ!

人間も動物の一種です。

でも動物の中で人間だけが与えられたものがあります。
何だかわかりますか?

答えは「選択の自由」です。

わかりにくいですよね。
例えば、お腹を空かせてる状態で犬や猫に餌をやると、待ったなしにすぐ餌に飛びついてきますよね。
でも人間はどうでしょうか?お腹が減ったからといってすぐに食べなくても、どこで食べようか?何を
食べようかと自由に選択ができるのです。

簡単にいうと人間だけが「考える力」を神様から与えられているのです。



その考える力を本当の意味でわかっている人は少ないのです。
イラッとしたことやムカつく事ってありますよね。
上司の言い方がムカつく。
信号が変わらなくイラつく。
子供が言うこと聞かない。
仕事がうまく進まない。
雨が降って遊びにいけない。
など。
日々の生活でこういう負の感情が沸き起こると思います。
でも、これはすべて選択をしているのは自分自身なのです。
出来事によって感情のままに動いてしまうのは動物と一緒なのです。
「人間は選択」できるのです。
事故渋滞で車が一向に進みません。そんな状態の時。
どう考えますか?
A「こんな会議のある時に誰だよ事故ったの!!間に合わないじぇねーか。腹立つ」
B「起きた事はしょうがない、この合間に会議の資料内容を見て把握しておこう」

負の感情を抱くか、穏やかな感情を抱くかこれが選択出来るのです。

起きてしまった事に、負の感情を抱いてもストレスが溜まるだけです。
負の感情のエネルギーは膨大と言われていて病気を起こす引き金とも言われいます。
逆にプラスのエネルギー抱くと病気になりにくい、なったとしても治りやすいとも
言われています。

人間だけが与えられた選択の自由を活かしましょう。

比べる人を間違えない。

自分で自分の事を悲観していませんか?
何をやっても中途半端!3日坊主で終わってしまう。どうせ続けられないから
やっても無駄など言って諦めていませんか。
それはとてももったいない事なのです。自分で自分の可能性を潰してるのと
一緒です。
あきらめる理由には必ず原因があります。人それぞれ理由が違うと思いますが
多くの方のあきらめる理由は、他人と比べるからです。




例えば、
パソコンが全く出来なかったとします。パソコンを学ぼうとお金を払いパソコン
教室に通う事になりました。
教室に通って先生に教えてもらいましたが、それでも理解が出来ず焦りを感じています。他の生徒さんはサクサク理解し自分が遅れているような気がしました。
そんな時心の中で「やっぱり俺パソコンの才能ないんだー」「お金払ってもわからないし」「やっぱり俺なんかが学ぶべきではないんだ~」 と悲観的になったとします。

これが挫折の原因です。
他人と比べるから悲観的になるのです。

実はこれは「成功」なのです。

なぜ成功?と思いますよね?
この成功にはいくつか理由があります。

パソコン教室にお金を払った事
実際通い始めた事
あらためてパソコンの大変さがわかった事
自分の理解力の無さが実感出来た事。

これが成功の理由です
自分のスキルアップためにお金を使った事や
自分の理解力の無さに気づいた事など
今までと違った行動、そして気づきが得られたという事は
「成功」なのです。
過去の自分と比べ「成功」したのです。
わかって頂けましたでしょうか?

比べる相手は過去の相手です。
今までパソコンでメールした事なかったけど、今日初めてしてみた
など、一個でも学びや気づきがあったらそれは成功なのです。

諦める原因は他人と比べ、知らずのうちに成功のハードルが高く
なっているのです。

成功のハードルは小さくていいのです。小さい成功が
大きな成功へと変わっていくのです。

だから絶対にあきらめないでください。
比べる相手は過去の自分です。

 

 

 

 

習慣の難しさ。

今、毎日、毎週でも行っている習慣はありますか?と質問をすると

・お風呂に入る事
・歯を磨く事
・寝る事
・服を着る事
・洗濯
・お掃除
・トイレ
・早起き
・ご飯を食べる

と答える人が多いのです。



しかしこの答えは生きていく上で当たり前です。
でもおかしくありませんか?20年30年と普通に
生きてきてこれらの事しか習慣化されてないのです。
成功するためには、これらの事意外を習慣化させる必要が
あるのです。
逆に言えば成功させるための習慣を持たないと成功できないのです。
そこで何を習慣化させる必要があるか、例としてあげていきます。

・本を読む(自己啓発系)
・自己投資にお金を惜しまない。
・優先順位の高いものに時間を使う
・明確なゴールを持ち日々の生活でゴールを意識する
・モチベーションを維持するための行動を日々おこしている。
・難しい問題から乗り越えようとする
・健康に気を遣っている。

ざっくり上げましたが成功している人の共通点はこれらの事を
習慣化されています。
辞書で「習慣」を調べると、「繰り返し行われる事」「決まり事」と書いています。
習慣という定義に何ヶ月、何年、何十年と月日は記載されてはいません。
どこまでやれば習慣化されたという明確な定義は存在しません。
ではさきほど上げたように、歯を磨く習慣、お風呂に入る習慣、ご飯を食べる習慣は
いつまで続けますか?

おそらく死ぬまで続けますよね?

それと一緒で、成功するための習慣も生活の一部として死ぬまで続けるような習慣を
持つ必要があるのです。

意識しなくても、生活の一部になった時はじめて習慣化されたと言えるのです。